近年は洋服が当たり前の時代で、着物の需要は減少する一方と言われていました。
しかし個々数年、海外での日本人気の高まりもあり着物の需要が高まっています。
また、国内の若い女性の間でも着物の魅力が見直され、観光地や冠婚葬祭などで着物を着る人も増えているようです。
こういった背景から、中古の着物や帯締めの需要も高まっています。
着物の人気が高まっているとは言え、高くて手が出せない物も多いため、安価で手が届きやすい中古が注目を集めているのです。
それによって、以前よりも買取価格も上昇しており、着なくなった着物を買取に出すには絶好の時期と言えるでしょう。

古い歴史がある

 着物や帯締めといった和装は日本では昔から着用されており、多くの品が販売されてきました。
販売と同時に買取についても数多くの商品が取り引きされており、その歴史については深いものがあります。
 着物や帯締めといった和装の買取店の歴史は、古いお店で明治や大正時代から経営している所もあります。
それだけ長く続けられたということは、和装がいかに日本国民に浸透していたかを象徴しています。
また今経営しているお店は古くても明治や大正時代の歴史がありますが、和装についてはそれよりも前の時代から市民にとって馴染みのある服装となっていました。
 今でこそ着物や帯締めといった和服関係の買取が行われていますが、昔は少し品が異なっていました。
例えば武士が活躍していた戦国時代では、着物や帯締めの代わりに刀を質に入れて取引をしていたという歴史があります。
こちらの方が金や銀での取引額が高かったため、身分が武士である場合はこちらを売って生活費にあてていました。
しかし明治時代になると武士の数が激減したため、刀の買取数についても比例して減少していく形になります。
その後今のように着物や帯締めといった和服の買取に出されるケースが多くなりました。
 買取というと直接お店に持っていって査定を行いますが、今ではそれをインターネットで申し込むことも可能になっています。
IT技術の進化とともに、私たちの生活はより便利にかつどんどん進化していく形に進んでいます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年8月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31